活動内容

水の加速

まずは見てみよう!

Youtubeで動画を見る

どんな実験?

実験手順と種あかし

  • 水で満たされたペットボトルの中に発泡スチロールのボールと銅のボールを入れておきます。
  • 左方向に加速させ、動き出しの瞬間にそれぞれのボールがどちらに動くのかを見ます。
  • 銅のボールは置いていかれ、発泡スチロールのボールはより前に(加速方向に)動きます。
  • これは密度の違いによるものです。水より重たい(密度の大きい)銅のボールは加速しにくく、動きが遅くなります。水と発泡スチロールをくらべると、重たい(密度が大きい)ほうの水が置いていかれます。水が後ろのほうにきますので、発泡スチロールは前に押し出されるのです。
  • また、このときの力の関係は水中にできる圧力こう配(あるいは圧力差)で説明することもできます(参考文献を参照)。

【キーワード】 流体の加速度運動、圧力こう配
【参考】 日本機械学会編「流れのふしぎ」講談社ブルーバックス、P90−97.
更新日:2010.8.5