活動内容

Home > 活動内容 > 楽しい流れの実験教室 > キャビテーション

キャビテーション

まずは見てみよう!

Youtubeで動画を見る

どんな実験?

実験手順と種あかし

  • 透明なホースを蛇口に取り付けます。ホースバンドなどを使ってしっかり固定してください。
  • ホースの途中をペンチなどでつぶします。完全に流れをふさぐのではなく、流路をせまくします。
    力の強い人なら指でつぶしてもかまいません。
  • 水を流して、だんだん流量を増やしていきます。すると突然、「シャー」という音が発生し、白い濁りができます。ホースにはビビリ(振動)が起こります。
  • このとき、水の一部が気化(沸騰)を始め、気泡が発生したのです。
  • 一般に液体は、圧力を下げていき飽和蒸気圧(液体が気化を始める圧力で、物質の種類と温度で値が決まる)より小さくなると気化を始め、これを「キャビテーション」といいます。
  • この実験ではホースをつぶした所で流速が大きく(運動エネルギーが大きくなりその分だけ圧力のエネルギーが減少)、圧力が下がって、キャビテーションが起こったのです。

【キーワード】 キャビテーション、飽和蒸気圧
【参考】 日本機械学会編「流れのふしぎ」講談社ブルーバックス、P78−83.
更新日:2011.8.1