活動内容

Home > 活動内容 > 楽しい流れの実験教室 > ティッシュペーパーを吹き飛ばす

ティッシュペーパーを吹き飛ばす

まずは見てみよう!

Youtubeで動画を見る

どんな実験?

実験手順と種あかし

  • ティッシュペーパーを水に浮かべて、強く息を吹きかけます。ティッシュペーパーは水面から離れて飛んでしまいました。
  • ティッシュペーパーにはあらかじめ防水スプレーを吹きかけていました。防水スプレーには撥水性(はっすいせい)があり、下面にはたくさんの気泡が残っていて、水からはがれやすくなっていました。そこに強く息を吹いたのでティッシュペーパーは飛び去ったのです。
【注意】 防水スプレーには有害な成分を含むものもありますので、屋外や風通しのよいところでスプレーをかけてください。
【キーワード】 表面張力、撥水性(はっすいせい)
【関連項目】 10円玉を浮かべる
【参考】 今井功「流体力学前編」裳華房、P66−67.
日本機械学会編「流れのふしぎ」講談社ブルーバックス、P128−133.
石綿良三「図解雑学流体力学」ナツメ社、P214−215 および P206−209.
更新日:2014.10.1