活動内容

Home > 活動内容 > 楽しい流れの実験教室 > 水面の粒子を動かす

水面の粒子を動かす

まずは見てみよう!

Youtubeで動画を見る

どんな実験?

実験手順と種あかし

  • 実験動画のように、水面に板を浮かべて水面を左右に分けます。
  • 板の間に発泡スチロールの小球をたくさん浮かべます。浮かべるものは細かく切った紙でもかまいません。
  • 右側の水面に中性洗剤を1滴たらすと、小球は左の水面の方向に移動します。
  • この実験は表面張力のはたらきによるものです。中性洗剤をたらした所では、表面張力が弱くなり、まわりのより強い表面張力によって引っ張られて急速に周囲に広がります。
  • この流れによって板の間の水面は左方向に流れ、発泡スチロールの粒子も移動しました。
【キーワード】 表面張力
【関連項目】 しょうのう船3枚の1円玉
【参考】 ロゲルギスト「続 物理の散歩道」岩波書店、P58−66.
日本機械学会編「流れのふしぎ」講談社ブルーバックス、P62−67.
石綿良三「図解雑学流体力学」ナツメ社、P48−49.
更新日:2014.12.3