活動内容

Home > 活動内容 > 楽しい流れの実験教室 > 水面に浮かぶものをつかまえる

水面に浮かぶものをつかまえる

まずは見てみよう!

Youtubeで動画を見る

どんな実験?

実験手順と種あかし

  • 初めにスプーンで水面に浮かぶ紙切れをすくいます。スプーンに水が流れ込むのといっしょに紙切れもスプーンに入ります。
  • スプーンをさかさまにするとうまく紙切れをすくえません。スプーンの背に沿って水が流れ、これに乗って紙切れも逃げてしまいます。
  • 次に、発泡スチロールを細かくしたものを水面に浮かべ、これをコップでつかまえます。
  • コップの口を上にしてすくうと、多くの粒子がつかまりました。コップの縁に近い水が外側に押し出され、この流れに乗って縁に近い粒子だけが外に逃げたからです。
  • 一方、コップの底を上にしてすくうと、多くの粒子が逃げてしまいました。コップの底と水面の間にある水の大部分が外側に押し出され、この流れに乗って多くの粒子が逃げたのです。このとき、コップの底が平らであることが重要で、底にくぼみがあるとそこに水が残り、粒子も残りやすくなります。
  • 軽くて小さな物体は流れに乗って移動しやすい(追従性がよい)という性質があります。
【キーワード】 流れへの追従性、粘性抵抗
【関連項目】

底にあるものをつかまえる水中をただようものをつかまえる

【参考】 日本機械学会編「流れのふしぎ」講談社ブルーバックス、P30−31.
更新日:2015.8.1