活動内容

Home > 活動内容 > 楽しい流れの実験教室 > ボールや卵を筒から取り出す

ボールや卵を筒から取り出す

まずは見てみよう!

Youtubeで動画を見る

どんな実験?

実験手順と種あかし

  • 筒に入ったボールや卵形のものをドライヤーの風で取り出してみましょう。用意したのは、発泡スチロール製の直径6cmのボール、直径5cmのボール、卵型のものです。筒の内径(内側の直径)は6.3cmです。深いとうまく出ないので下に土台を入れました。
  • ボールのまん中をねらって風を吹くと、ボールを取り出すことができました。原理は「卵を浮かせる」と同じです。ボールのまん中に当たっている所では圧力が大きくなりますが、その後、空気がボールに沿って流れてから折り返す所でも大きな圧力になり、この圧力による力はボールのまん中に当たる流れの力よりも大きくなります。ボールの下側の圧力はこの折り返し地点の圧力とほぼ同じ大きさになります。ボールの下側の圧力が押し上げる力が上から押し付ける力よりも大きくなり、ボールが浮き上がりました。
  • この実験ではボールのまん中をねらいましたが、筒の壁に沿って空気を流して取り出す方法もあります(ボールを筒から取り出す)。
  • 卵形のものでも同じ原理で取り出すことができました。
【キーワード】 運動量理論、圧力
【関連項目】

卵を浮かせるボールを筒から取り出す流れを押し返すときの力

【参考】 石綿良三「図解雑学流体力学」ナツメ社、P200−201
更新日:2016.12.1