活動内容

Home > 活動内容 > 楽しい流れの実験教室 > 浮島の氷がとけると(答え)

浮島の氷がとけると(答え)

まずは見てみよう!

Youtubeで動画を見る

どんな実験?

実験手順と種あかし

  • 答えは「水面の高さは変わらない」です。
  • 氷を取り除くと、氷の重さがなくなった分だけ浮島が持ち上がり(仮想的に)空洞ができると考えます。
  • この空洞の体積は、氷と同じ重さの水の体積と同じです。氷がとけてできた水の体積はこれと同じで、空洞をぴったり穴埋めできます。ですから、水面の高さは変わりません。
  • なお、実験で空き缶の下にナットを付けているのはおもりの意味で、空き缶が傾きにくいようにするためです。
【キーワード】 浮力
【関連項目】 氷がとけると体積の測定
【参考】

日本機械学会編「流れのふしぎ」講談社ブルーバックス、P45−46.

石綿良三「図解雑学流体力学」ナツメ社、P188−189.
更新日:2016.2.2