活動内容

Home > 活動内容 > 楽しい流れの実験教室 > ペットボトルをさかさまにすると

ペットボトルをさかさまにすると

まずは見てみよう!

Youtubeで動画を見る

どんな実験?

実験手順と種あかし

  • ペットボトルに水を満たしてさかさまにして水槽の水の中に立ててみます。ペットボトルの中の水は流出しません。
  • このときペットボトルの中では、まわりの水面と同じ高さでは大気圧、上部の空気圧は液体の高さ分だけ大気圧より低くなっています。上下の圧力差による力が液体の重さとつり合って重さを支えることができるのです。
    (上下の圧力差)=(液体の密度)×(重力加速度)×(液体の高さ)
  • 実験で使ったペットボトルは2リットルですので、中の水の重さはおよそ2kgです。この重さを支えているのは上下の圧力差による力です。
【キーワード】 深さと圧力
【関連項目】 ストローで液体をすくうあふれ出ない水
【参考】

日本機械学会編「流れのふしぎ」講談社ブルーバックス、P38−41.

石綿良三「図解雑学流体力学」ナツメ社、P18−19.
更新日:2016.4.1