活動内容

Home > 活動内容 > 楽しい流れの実験教室 > 浮き沈みするクラゲ

浮き沈みするクラゲ

まずは見てみよう!

Youtubeで動画を見る

どんな実験?

実験手順と種あかし

  • 準備する材料:スポイト、ナット大(M6)、ナット小(M5)、結束バンド、プラスチックの半球、ビニール袋、ゴム風船、太い輪ゴム、広口ペットボトル
  • まず、ふつうの浮沈子を作ります。
  • プラスチックの半球(ガチャガチャの入れ物でもよい)の上の方に空気抜き用の穴をあけます。
  • これに浮沈子を接着します。ビニール袋を切って作った足を接着してできあがりです。
  • これを水に浮かべて、頭の先が少し浮き出るくらいにスポイト内の空気の量を調整します。
  • 広口ペットボトルに水を満たし、クラゲを入れます。
  • ゴム風船の口を切り、広口ペットボトルの口にかぶせ、太いゴムでしっかりととめます。このとき、中に空気が入らないように水で満たしたバケツの中で作業します。
  • 口のゴム膜をピンポン球などで押します。そうするとクラゲは沈み、力をゆるめると浮き上がります(ピンポン球などがなければ手のひらでも押せます)。
  • 口を押すとペットボトル内の水と空気の圧力が大きくなります。空気が圧縮され、その体積が小さくなるので浮力が小さくなり、沈みます。逆に力をゆるめると空気が膨張し、浮力が大きくなり、浮き上がります。
【キーワード】 圧力、浮力
【関連項目】 浮き沈みするイカ浮沈子
【参考】 石綿良三「流れのふしぎ」講談社ブルーバックス、P42−47.

更新日:2018.12.1