活動内容

チンアナゴ

まずは見てみよう!

Youtubeで動画を見る

 

どんな実験?

実験手順と種あかし

  • 準備する材料:曲がるストロー、ナット、ゴム風船、太い輪ゴム、広口ペットボトル
  • 曲がるストローにナットなどのおもりをつけます。反対側の口にはティッシュペーパーを丸めてつめて接着剤でふたをします。あとは好きな色でしま模様をつけてください。
  • 次にチンアナゴの巣を作ります。穴のあいた板を筒の上に接着します。筒の下におもりをつけておきます。
  • チンアナゴを水に浮かべて、頭の部分が少しだけ水面から出るくらいにストローの中の水の量を調整します。これを水の入った広口ペットボトルに入れます。
  • ゴム風船の口を切り、広口ペットボトルの口にかぶせ、太いゴムでしっかりととめます。このとき、中に空気が入らないように水で満たしたバケツの中で作業します。
  • 口のゴム膜をピンポン球などで押します。そうするとチンアナゴは引っこみ、力をゆるめると出てきます(ピンポン球などがなければ手のひらでも押せます)。
  • 口を押すとペットボトル内の水と空気の圧力が大きくなります。空気が圧縮され、その体積が小さくなるので浮力が小さくなり、チンアナゴは引っこみます。逆に力をゆるめると空気が膨張し、浮力が大きくなり、穴から出てきます。
【キーワード】 圧力、浮力
【関連項目】

浮き沈みするイカ浮沈子

【参考】

石綿良三「流れのふしぎ」講談社ブルーバックス、P42−47.


更新日:2018.12.1