活動内容

竹とんぼ

まずは見てみよう!

Youtubeで動画を見る

どんな実験?

実験手順と種あかし

  • 手作りの竹とんぼ(竹製ではないですが)を飛ばしてみましょう。
  • 初めの竹とんぼは市販のプロペラに軸を付けたものです。二つ目の竹とんぼは厚紙(工作用紙)で羽根を作りました。
  • 軸を回転させながら上に向かって離し、飛ばします。
  • プロペラを回転させると風が下向きに流れ、その反動(反作用)で竹とんぼは浮き上がります。
  • このことをもう少し詳しく見てみましょう(拡大図)。回転しているプロペラにあたる風はプロペラによって向きを変えられ、下向きに曲がります。このとき、流れを曲げるために空気に加えられた力と反対方向に、プロペラには「揚力」という力がはたらきます。すべての羽根にこの力がはたらき、その合力が上向きの力になり、飛ぶことができます。
  • このように回転する羽根を「回転翼」といい、ヘリコプターやドローンで使われています。いずれも流れを下向きに流出させ、その反動(反作用)で上向きの力を発生させています。
【キーワード】 回転翼、運動量理論
【関連項目】 ジェット推進
【参考】 日本機械学会編「流れのふしぎ」講談社ブルーバックス、P192−197.
石綿良三「図解雑学流体力学」ナツメ社、P222−223.
更新日:2018.2.1