活動内容

Home > 活動内容 > 楽しい流れの実験教室 > 水平にした円板を筒に落とす

水平にした円板を筒に落とす

まずは見てみよう!

Youtubeで動画を見る

どんな実験?

実験手順と種あかし

  • 筒の中に軽い円板を落としてみましょう。この動画では、厚さ1mmの発泡スチレン板(スチレンペーパー)を使いました(なければ紙でもできます)。これを筒の太さより少しだけ小さな円の形に切ります。
  • できた円板を水平にしてそっと手を離します。すると、円板は水平を保ったまま筒の中をゆっくりと落ちていきます。水平が安定な状態なのです。
  • 円板と筒のすき間を下からの空気が流れていきますが、すき間がせまいため粘性のはたらきによって空気はゆっくりと通過していきます。そのため円板はゆっくりと落ちていくのです。
  • 2枚の円板を連続して落とすこともできます。同じようにゆっくりと落ちていきます。
  • 次に、ティッシュペーパーを円形に切って実験してみます。ティッシュペーパーがしわにならないようにていねいに切ってください。これも折れることもなく、ゆっくりと落ちていきます。
【キーワード】 粘性、空気抵抗
【関連項目】 ゆっくり落ちるボールななめにした円板を筒に落とす
【参考】 日本機械学会編「流れのふしぎ」講談社ブルーバックス、P19.
更新日:2018.8.1