活動内容

Home > 活動内容 > 楽しい流れの実験教室 > 出そうで出ないボール

出そうで出ないボール

まずは見てみよう!

Youtubeで動画を見る

どんな実験?

実験手順と種あかし

  • 発泡スチロール製のボールをドライヤーの風で筒から取り出してみましょう。ボールは直径10cmで中空(中が空洞)のものを使いました。筒の内径(内側の直径)は11.4cm、深さ30cmです。
  • まん中をねらって風を吹き、ボールを浮き上げます。原理は「ボールや卵を筒から取り出す」と同じです。
  • 浮き上がったボールは筒から外に飛び出そうとしますが、出ません。これは「ボールの散歩」や「ボールを棒で支える」と同じ原理です。外に出そうになると、空気の流れは筒の中心に近い側に多く当たります。この流れはボールに沿って曲がり、図では左向きに流出します。この反作用でボールには右向きの力、つまり筒の中心方向に戻す方向に力がはたらき、ボールは外に飛び出しません。
【キーワード】 運動量理論、圧力
【関連項目】 ボールや卵を筒から取り出すボールの散歩ボールを棒で支える
【参考】 石綿良三「図解雑学流体力学」ナツメ社、P200−201
更新日:2016.12.1