活動内容

Home > 活動内容 > 楽しい流れの実験教室 > 棒付きの風船を浮かす

棒付きの風船を浮かす

まずは見てみよう!

Youtubeで動画を見る

どんな実験?

実験手順と種あかし

  • 「ななめに浮く風船(続編)」と同じ直径22cm(よく売られている大きさ)の風船にプラスチックの棒を付けます。
  • ドライヤーで真上に風船を上げます。続いてドライヤーをななめに傾けて風船をななめに浮かせます。
  • 安定して浮いたのは、プラスチックの棒を付けることによって、@全体が重くなってふらつきが少なくなる、A重心が下に下がり安定性がよくなるからです。
  • ななめに浮く理由は、風船に沿って流れが曲がること(コアンダ効果)による揚力、空気抵抗(抗力)および重力の三つの力がつりあっているからです。
  • 次に、直径45cmの風船(50cmくらいに膨らませた)に棒を付けて実験します。大きな風船でもうまく浮きます。
【注意】 風船がななめに浮く理由を、「ドライヤーの風は周囲の空気より速いのでベルヌーイの定理から圧力が低くなりボールを吸い寄せる」と説明している本やネット書き込みが多くありますが、これは間違いです。
【キーワード】 コアンダ効果、運動量理論
【関連項目】 ななめに浮く風船(続編)ベルヌーイの定理
【参考】 日本機械学会編「流れのふしぎ」講談社ブルーバックス、P128−133.
石綿良三「図解雑学流体力学」ナツメ社、P206−209.

更新日:2017.10.1